SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

オリンパス、医療分野における戦略的方針を策定 営業利益率20%超に向け取り組みを加速

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 オリンパスは、医療分野における戦略的な方針を発表した。

 本方針では、オリンパスが力を発揮できる診療分野・疾患領域を明確にし、対象疾患の診療水準を向上させることを目標として掲げ、さらなる成長と収益性の向上を目指すという。消化器科、泌尿器科、呼吸器科の領域における慢性疾患へのソリューション提供に注力するとともに、患者の一連の診療プロセス向上を目指し、次世代技術への投資も積極的に行っていくとしている。発表した方針は以下のとおり。

最大限の価値提供が期待できる疾患領域に注力

 「消化器科」「泌尿器科」「呼吸器科」の3つの診療領域の疾患に注力。大腸がん、前立腺肥大症(BPH)、尿路結石やその他の泌尿器系疾患、肺がんなどの疾患に対してソリューションが提供できると考えているという。また、医療分野におけるその他の領域も引き続き重要な事業領域であり、顧客のニーズに応える製品・ソリューションを提供しながら、目標値である年平均5~6%以上の売上成長および20%を超える営業利益率の達成に向け、今後もこれらの領域において収益性の向上を目指すとしている。

診療水準の向上に貢献する新技術への投資

 シングルユース内視鏡の導入による内視鏡製品のラインアップ最適化、コンピューターによる診断支援技術やクラウドサービス、内視鏡医療全体のワークフロー改善などを統合したソリューションの提供、およびエンドルミナル治療(口や肛門などの管腔から内視鏡を挿入して、より低侵襲で病変を治療する技術)などの技術開発を目指すという。

グローバル競争力の強化

 研究開発体制の強化、メディカル&サイエンティフィックアフェアーズ機能の強化による、臨床に関する知見の拡大、品質保証・法規制対応機能の組織やプロセスの一元化を図るとしている。また、M&Aについても今回の方針の基で引き続き推進。グローバルな事業開発機能に加え、アーリーステージの企業への投資により、次世代のイノベーション技術の育成・支援を目的としたコーポレート・ベンチャー・キャピタルも設立したという。

 同社はこれらの方針により、経営戦略で掲げている営業利益率20%超、年率5~6%の売上高成長率達成と、その先の持続的な成長に向けて取り組みを行っていくとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング