SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

日清食品ホールディングス、「栄養改善」と「持続可能な食料システム」実現に向けコミットメントを策定

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 日清食品ホールディングスは、日本政府の主催で12月7~8日に開催される「東京栄養サミット2021」にあわせて、「栄養改善」と「持続可能な食料システム」の実現に向けたコミットメントを策定した。

 同社は今後も、栄養と健康に関する取り組みを加速させていくとともに、人類を「食」の楽しみや喜びで満たすことを通じて社会や地球に貢献する「EARTH FOOD CREATOR」として、持続可能な社会の実現に努めていくという。具体的なコミットメントの内容は以下のとおり。

  • ウェルネス製品:全製品の健康・栄養性の向上を目指し、2030年までにウェルネス製品の同社グループ国内販売額を230億円に拡大させ、人々の健康増進へ貢献
  • 食物アレルゲン検査:2030年までに、アレルゲン推奨表示品目に関し、精度を高めつつ一斉に検査できる新規法を開発。同法を普及させ、累計10万回以上の検査を実施し、食の安全性と食料供給の確保に貢献
  • 代替肉:2030年までに、日清食品における即席麺具材「植物性たんぱく質」の国内使用量を年間1,100トンに引き上げ、代替肉の活用を進め、持続可能な食料システムの構築に貢献
  • 食品廃棄物:2030年までに、同グループの国内での流通・販売における廃棄物総量を2015年換算から50%削減することで、持続可能な食料サプライチェーンの構築に貢献

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング