SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

日産自動車、長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」発表 EV生産の強化目指す

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 日産自動車は、長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」を発表した。

 同社は本ビジョンにおいて、「共に切り拓く モビリティとその先へ」をスローガンとして、パートナーとともにモビリティを中心としたエコシステムを構築するという。

 また、今後10年間で様々な電動車とイノベーションを提供し、グローバルに事業を拡大。なお、本ビジョンは、2050年度までに製品のライフサイクル全体でカーボンニュートラルを実現するという同社の目標を支えるものだとしている。 具体的な内容は以下のとおり。

電動化を推進し、多様な選択肢と体験を提供

 Nissan Ambition 2030では、電動化を長期的な戦略の中核に据えているという。今後5年間で2兆円の投資を行い、車両の電動化と技術革新を加速させていくとしている。

 さらに、2030年度までに15車種のEVを含む23車種の電動車を導入し、ニッサン、インフィニティの両ブランドをあわせて、グローバルに電動車のモデルミックスを50%以上とすることを目指すという。本目標の達成に向け、2026年度までにEVとe-POWER搭載車を合わせて20車種導入し、各主要市場における電動車の販売比率を以下のレベルまで向上させていくとしている。

  • 欧州:75%以上
  • 日本:55%以上
  • 中国:40%以上
  • 米国:2030年度までに40%以上(EVのみ)

より多くの人の自由な移動を実現するモビリティの革新

 同社はリチウムイオン電池の技術を進化させ、コバルトフリー技術を採用することで、2028年度までに1kWhあたりのコストを、現在と比べ65%削減するという。

 また、2028年度までに自社開発の全固体電池(ASSB)を搭載したEVを市場投入することを目指し、2024年度までに同社の横浜工場内にパイロット生産ラインを導入。これにより、様々なセグメントにEVを投入することが可能となり、動力性能や走行性能も向上させることができるとしている。さらに、充電時間を3分の1に短縮し、EVをより効率的で身近なものにするという。

 なお、ASSBのコストは、2028年度に1kWhあたり75ドル、その後、65ドルまで低減していくことを目指すとしている。

モビリティとその先に向けたグローバルなエコシステムを構築

 EVをより競争力のあるものにするため、EVの生産と調達の現地化を進めていくという。また、モビリティとエネルギーマネジメントを組み合わせ、生産とサービスを統合したエコシステムにより、カーボンニュートラルの実現を目指すとしている。

 さらに、バッテリーを二次利用するための施設を日本以外にも拡大し、2022年度には欧州、2025年度には米国に新たな施設を設立する予定。バッテリーの二次利用を推進するためのインフラを整備し、エネルギーマネジメントにおける循環サイクルを構築することで、2020年代半ばには、V2Xと家庭用バッテリーシステムの商用化を目指すという。

 加えて、モビリティ開発のイノベーションを加速させるため、研究開発部門における先進技術領域で3,000人以上の従業員を新規に採用するとともに、現在の従業員のスキル向上にも継続して取り組みを実施。アライアンスでの協力体制を強化し、カーボンニュートラル技術、電動化技術、ソフトウェアやサービスなどの分野で、コスト削減や専門知識の共有を推進するとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング