SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

キリンホールディングス、共同研究にて「笑い」による集中力向上とストレス反応の改善効果を解明

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 キリンホールディングスのキリン中央研究所は、吉本興業、静岡県浜松市、近畿大学と共同で、「笑い」が脳血流の増加を促し、集中力を向上させることや、ストレス反応を改善することを、臨床研究で確認。また、本研究では、キリングループが提供する脳トレアプリ「KIRIN 毎日続ける脳力トレーニング」(以下、キリン脳トレアプリ)を用いた結果、加齢に伴い低下し、脳へ酸素や糖を運ぶのに重要な脳血流を増加するエビデンスも取得した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 本研究は、「笑い」による集中力向上とストレス反応の改善効果を、企業・地方公共団体・大学が連携した産官学連携による臨床研究で解明した日本初の取り組み。本研究成果は、2021年10月30日(土)から開催された日本ストレス学会および2021年11月15日(月)から開催された日本健康心理学会で発表されたもの。

 4人に1人が高齢者の超高齢社会の到来に加え、昨今の行動制限で人との交流が減り「コロナフレイル」という言葉が注目を集める中、脳や心の健康は大きな社会課題となっているという。

 「笑う門には福来る」と言われるように、古くから、ユーモアや「笑い」は脳や心に良い影響があると考えられているが、科学的な検証は十分になされていなかった。そこで、キリン、吉本興業、浜松市、近畿大学の4者が連携し、「笑い」が脳や心の健康に及ぼす効果を検証。本研究の結果、笑い動画を鑑賞した場合は対照動画を鑑賞した場合と比べて、集中力を要する課題の回答速度が改善したという。また、前頭葉にて脳へ酸素や糖を送る脳血流量が約2.7倍増加し、唾液中のストレスマーカーの増加が約5分の1に減少するなど、認知機能やストレス反応の改善の可能性が見出されたとしている。さらに、キリン脳トレアプリ実施中の脳血流量が増加することも確認した。

 キリンは、「脳機能」を重点領域の一つとしたヘルスサイエンス事業を行っており、国内では、記憶力の維持に役立つ機能性表示食品「βラクトリン(ベータラクトリン)」シリーズや、独自素材「熟成ホップ」を活用した事業を展開。将来的な事業化を見据え、脳の健康サポートを日常で習慣化する食以外のソリューション提供に向けた研究開発も、異業種の企業・自治体・大学・研究機関などと連携しながら進めている。

 今回は、「笑い」が脳の健康にもたらす効果を科学的に検証し、社会課題の解決につなげるため、笑いやエンターテインメントを事業とする吉本興業と組み、本研究を実施。浜松市は政令指定都市と東京都区部の中で健康寿命が3期連続1位であり、健幸都市のさらなる実現のため、「浜松ウエルネス・ラボ」を立ち上げ、参画する浜松市内の医療機関、大学や企業と共に、浜松市民の健康づくりに役立つ実証活動を進めている。キリンは2020年2月より「浜松ウエルネス・ラボ」に参画しており、本研究は「浜松ウエルネス・ラボ」でのウエルネス事業(疾病・介護予防等の社会実証事業)の一環として実施した。

 キリンと吉本興業は将来的に、本研究成果を活用し、「脳の健康」をサポートする毎日気軽に続けやすい新サービスの開発を目指しているという。また、「健康」に対する未充足ニーズの解消を進め、浜松市民の健康増進や「予防・健幸都市浜松」の実現にも貢献していくと述べている。

「キリン脳研究」について

 キリングループでは、日々の明るい気持ちや悩みは脳の働きと密接に結びついていることに着目し、ヘルスサイエンスを中心とした「脳の健康」を守り新たなよろこびを生み出す「キリン脳研究」を進めている。「キリン脳研究」は、キリンならではの発想と技術で脳の健康を守ることを通じ、社会課題の解決に向けて貢献するとともに、一人ひとりが社会の中で、自信や希望、そして気持ちのゆとりを感じながら暮らせるこころ豊かな社会の実現を目指していくとしている。

 キリングループは、長期経営構想「キリングループ・ビジョン2027」を策定し、「食から医にわたる領域で価値を創造し、世界のCSV先進企業となる」ことを目指している。その実現に向けて、既存事業の「食領域」(酒類・飲料事業)と「医領域」(医薬事業)に加え、キリングループが長年培ってきた高度な「発酵・バイオ」の技術をベースにして、人々の健康に貢献していく「ヘルスサイエンス領域」(ヘルスサイエンス事業)の立ち上げ、育成を進めているという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング