SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

富士通、企業の健康経営を支援する可視化ソリューションを提供開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 富士通と富士通Japanは、健康経営に取り組む企業を支援するため、従業員の健康情報をもとに、疾病休業者数の増減など健康経営への効果を示すアウトカム評価を予測するとともに、改善効果が高い施策を提示するクラウドサービス「LifeMark 健康経営ソリューション」を2021年11月4日から販売開始する。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 本サービスは、点在する従業員の健康情報を集約し、東京大学大学院 医学系研究科 川上憲人教授の研究室と共同開発した独自のアルゴリズムによる分析を実施。血圧や睡眠時間など、リスク要因の変化がアウトカム評価に及ぼす影響を予測するシミュレーションが可能だという。

 また、従業員の健康情報を分析することで、組織の健康状態を可視化し、影響度の高いリスク要因を特定。優先的に取り組むべき施策を立案できるとしている。さらに、アウトカム評価の目標値を設定し、その目標値に対する経年変化を把握することで、前年度に取り組んだ健康施策の成果を可視化できるという。

「LifeMark 健康経営ソリューション」の特長

独自のアルゴリズムで将来のアウトカム評価を予測し施策立案を支援

 生産性低下や欠勤などによる損失を金額換算できる4つのアウトカム評価指標と、血圧や睡眠時間、飲酒習慣をはじめとする14種のリスク要因の相関関係を導き出し、リスク要因がアウトカム評価に及ぼす影響を数値化する独自のアルゴリズムを共同開発。健康経営の目標に対して、優先的に改善すべきリスク要因を可視化することで、データに基づく投資効果の高い施策立案を実現するとしている。

組織の健康経営に関連するデータの経年変化や現状の課題を可視化

 健康診断結果、ストレスチェック、就労情報、レセプトデータなど点在する従業員の健康情報を統計化し、アウトカム評価の経年変化や現状を多角的に分析。分析したデータの組織比較により健康課題の違いや特徴を可視化し、全社の状態を俯瞰して健康課題の傾向を把握することも可能だという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング