SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

積水化学、脱炭素型住宅のモジュール開発および実証に着手

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 積水化学工業 住宅カンパニー(以下、積水化学)、ニチコン、電力中央研究所、東京大学生産研究所が提示した技術開発・実証テーマ「エネルギー自給自足ユニットの技術開発・実証」が、2021年4月に、環境省が実施する「令和3年度 CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の優先テーマ「エネルギーの自給自足かつ甚大化する災害・感染症への同時対応が可能な脱炭素型住宅モジュールの開発・実証と低コスト化」において、採択された。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 本採択を受けて、今回の代表事業者である積水化学は、2021年6月より共同実施者3機関とともに技術開発を開始。10月発売の「新スマートパワーステーション FR GREENMODEL」でモニター邸を募集し、その評価・実証を行うことで、エネルギーの自給自足を推し進める、本技術の強化と普及を図るという。

 今後は、環境問題をはじめとした社会課題の解決や、強固な経営基盤の構築を事業の成長力として位置づけて推進する、「顧客価値」と「事業価値」の両立によるESG経営を推進。温室効果ガス削減目標・カーボンニュートラルの実現に貢献するとしている。実証の内容は以下。

  • 大容量太陽光発電システム+大容量蓄電池での自給自足型生活によるCO2削減効果を実証:大容量蓄電システム「e-PocketGREEN」と大容量太陽光発電システム(以下、PV)を搭載し、PV余剰電力を自宅に貯め、自宅で活用する「できるだけ電気を買わないエネルギー自給自足型の暮らし」を実現する住宅において、CO2排出量削減効果やユーザーの評価などを分析
  • 換気・空調システム「快適エアリーT-SAS」の空気環境と住まい手の健康状態を調査・分析:有害物質(ウイルスを除く)の侵入を抑制する3層フィルターや、抗ウイルス加工剤「ウィルテイカー」を使用した抗ウイルス対応フィルターを搭載。換気・空調・粉塵浄化の3つの機能を有する第一種換気・全室空調システム「快適エアリーT-SAS(ティーサス)」について、 一般的なシステム(エアコン暖冷房・第三種換気)と比較した室内空気浄化性能や温熱性能、健康との関連付けなどを検証
  • スマートハイムアプリ(統合型ユーザーインターフェース)のユーザビリティを検証:電力の見える化により、生活時の省エネ行動を促すHEMSの利便性を向上させ、さらなるCO2排出量削減を図るために開発中のスマートフォン向けアプリケーションについて、そのユーザビリティなどを検証

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング