SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート (PR)

データを使って勝率を高める 丸亀製麺のマーケティング戦略とパーパス起点の「DX for CX」とは?

Biz/Zine Day 2021 Autumn レポート Vol.4

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 好調な売上推移が続く丸亀製麺。それを支えるマーケティング戦略においてキーワードとなっているのが、「パーパスドリブン」と「DXを顧客体験(CX)に活かす」という考え方だ。外食産業で重視される「感性マーケティング」に「パーパスドリブン」と「データドリブン」を掛け合わせることで、施策の“勝率”を高めるというもので、丸亀製麺独自のマーケティングメソッドとして進化させてきたという。そのメソッドに基づく短期〜中長期的なDX推進について、部門間コミュニケーションや具体的な事例にも触れながら、株式会社トリドールホールディングス マーケティング部長であり、2021年7月より株式会社丸亀製麺 執行役員CMOとして、マーケティング全般の舵取りを行う南雲克明氏が解説した。
※本講演は株式会社セールスフォース・ドットコムの提供セッションです。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

組織を改革・成長させる「DX活用」2つのTips

 セッションの冒頭、南雲氏は、エグゼクティブ・サマリーとして、DX活用に関する2つのTipsを示した。1つ目は、論理やロジックで勝率を上げていく左脳的アプローチと、直感や感情、勘によって構造的優位性を高める右脳的アプローチの両輪においてDXを活用するという考え方だ。

 南雲氏は、これを常に強く意識する理由として、「DXであらゆる事象を数字で可視化することは、再現性を高め、勝率を上げることにつながる。さらには社内に説明し、納得感を獲得するという目的においても重要だ。そして、DXを活用してブランドらしい顧客体験(CX)を高めることは組織の総意であり、それをしっかりと掲げることで、社内の推進力を高められる」と説明した。

DX活用のTips-1
DX活用のTips-1'

 そして、2つ目のTipsとして「パーパス・ビジョンを起点に言語化すること」の重要性を強調する。それによって各部門の足並みが揃い、推進力とスピードが上がるというわけだ。

 それでは、丸亀製麺ではどのようにして、2つのDX活用のTipsである「ビジネス拡大」と「CX(顧客体験)向上」を実践してきたのか。

 丸亀製麺では、DXについて「デジタル技術」と「データ」の2つを活用することによって、CXを向上させ、ビジネスを持続的に成長させることと定義している。21年目を迎えた今、ブランドパーパスは、国内外合わせて1,050店舗以上(2021年9月時点)のすべてにおいて「『手づくりできたてのおいしさ』から生まれる“食の感動体験”で、世の中を“笑顔”でいっぱいに」と掲げており、ビジョンも共通して「顧客体験No.1」としている。

 このパーパス起点のDX方針について、丸亀製麺を運営するトリドールホールディングスではDX推進の目的を次のように言語化している。

店舗は、お客様へ感動体験を提供するために、「手づくり・できたてのおいしさ」と「ライブ感ある実演調理」と「ぬくもりのある接客」に手間を惜しまず、人の手によってさらに強く表現していく。

 南雲氏は「DXを使うことによって、店舗スタッフが“高いクオリティの商品提供はもちろんのこと、お客様のために今何をすべきか、笑顔になっていただくにはどうすべきかを考え行動することにかける時間”をとれるようにすることを目指している」と説明し、「残すべき強み」と「変化すべきもの」を明確化してDXを推進していることを強調した。

sponsored by Salesforce

次のページ
マーケティングDX成功の鍵となる「データ活用」と「DX for CX」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

和久田 知博(ワクダ トモヒロ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング