SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

製造業が抱える新規事業開発の苦悩――組織と事業の変革に挑む“モノづくり大企業”たち

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ポイントは研究開発部門と事業部門の横断的検証

福田達夫氏(以下敬称略):住友電工グループは、ワイヤーハーネス(自動車用組電線)を中心とした自動車事業の売上が過半数を占め、そのほか情報通信、エレクトロニクス、環境エネルギー、産業素材という4つの事業分野が確立しています。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 経営の根幹には、浮ついた利益を追わず社会性・公益性を重視するという「住友事業精神」があります。これに基づいた「技術を創造し、変革を生み出し、絶えざる成長に努める」という経営理念は、新規事業においても拠り所になっていて、現在は水処理事業や超電導製品開発など、祖業からの派生となる事業に取り組んでいます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

比惠島 由理子(ヒエジマ ユリコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング