SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

大塚製薬工場と富士通、患者の低栄養リスクAI予測サービス構築へ共同研究を開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 大塚製薬工場と富士通は、国立がん研究センター、国立長寿医療研究センターとともに、患者の低栄養リスクを予測するAIサービスを構築するための探索的な共同研究を開始した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 この研究では、国立がん研究センター東病院の電子カルテシステムに蓄積された、がん患者1万人分の診療データを匿名化したうえで、AIによる分析を実施。患者の低栄養リスクを早期に予測するAIモデルの構築を目的とした探索的な共同研究として、2022年3月末まで実施する。

 この研究において、大塚製薬工場は、臨床検査値や治療情報などの診療データ分析により、患者の低栄養を引き起こす因子を絞り込み、低栄養リスクを早期に予測するためのAIモデルの構築・検証を行う。富士通は、現在開発中の医療データを安全・安心に利活用するためのプラットフォームをはじめとするICTを用いた診療データの分析支援を担いう。なお、国立がん研究センターは予測モデルの構築・検証に必要となる匿名化された診療データおよびがん治療の医学的知見を、国立長寿医療研究センターは低栄養判定の知見を提供する。

 両社は、この研究で得られたAI予測モデルを全国の医療機関に普及させることにより、将来的には、低栄養リスクの高い患者への早期栄養介入に繋げることで、治療効果の向上に寄与することを目指すという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング