SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

事業開発、組織変革のためのフィールドリサーチ

脱・資本主義ではなく資本主義のアップデートへ──フロンティア消滅後の文化人類学的アプローチとは?

ゲスト:株式会社アイデアファンド 代表取締役 大川内 直子氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

資本主義の本質は「個々人の振る舞いを規定するミクロな資本主義」にある

──文化人類学的な視点で資本主義を捉えるというのは、具体的にはどういうことですか?

大川内:文化人類学では、アフリカやアジアの農村や、あるいは近年では近代的な組織や研究所などに研究者が入り込み、そこにある文化や生活などを他者としての新鮮な視点を通して紐解いていきます。そうすることで、メインストリームの側にある価値観を相対化するということが、文化人類学の重要な機能だと考えます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
事業開発、組織変革のためのフィールドリサーチ連載記事一覧

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング