SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Purposeを起点とした新しい経営

ぐるなび杉原社長が目指す組織の進化──社員の行動変革を促すパーパスを軸とした理念体系策定

第12回ゲスト:ぐるなび 杉原章郎氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

会社と社員の変革を促す“約束”

永井:あらためてブランドステートメントを拝見すると、「食でつなぐ。人を満たす。」というパーパスを推し進めるために、会社としての行動変革、社員の行動変革が掲げられ、さらに社員との約束、社会との約束まで念入りに明文化されています。これにはどのような意図が込められているのでしょうか。

数でみるプロセス
画像クリックで拡大表示

杉原:経営者としての視点からすれば、一番求めているのは社員の行動変革です。それがなければ、会社としての進化も見込めないわけで、言い換えれば「進化するにはどうすればいいんだろう?」という問いが私の起点です。事業面、人材面、環境面とあらゆる領域について言えることですが、カルチャーがどのように生まれるかというと、日々の行動がまずあり、それが共通化されて初めてカルチャーとして定着します。つまり、「こんなカルチャーを作りたい」と言ったところで、お題目だけではどうにもなりませんから、カルチャーに昇華する行動を喚起することが、今回の理念体系につながっています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Purposeを起点とした新しい経営連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

友清 哲(トモキヨ サトシ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング