SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

デロイト トーマツとエコノミクスデザインが協業 ビジネスでの経済学活用を加速

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 2021年7月15日、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー(以下、DTFA)とエコノミクスデザインは、エコノミクスサービス領域における協業契約を締結した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 DTFAの、財務アドバイザリーサービスを通じた、戦略的意思決定の支援などのマネジメントノウハウや、エコノミクスサービスの経済学に関する知見、新たな分野のインパクト評価におけるノウハウを活かすことにより、両社は企業の課題解決における経済学の活用を支援していく。

 エコノミクスデザインは、経済学をビジネスに活用したコンサルティング業務およびビジネスに特化した経済学スクール運営業務を営む企業。計量経済学的手法に基づく施策効果推定、マクロ計量経済学に基づく経済波及効果分析、オークション設計やプライシングなどのゲーム理論に基づく知見にくわえ、新たな分野のインパクト評価にもノウハウを有しており、研究者自らが企業などに直接業務を提供するスタイルを特徴としているという。

 DTFAは、エコノミクスサービスとの協業について、DTFAが目指すエコノミクスサービスの拡充と質の向上に大きく貢献するものだとしている。また、今回の協業により、両社は経済学を利用した新たな社会的・経済的インパクト分析のフレームワーク開発と課題解決を、クライアントに提供していくことを目指すという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング