SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

製造業DXのススメ

事例で学ぶ、製造業の業務プロセスを大きく変えるAI活用

第4回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

AIによる製品設計──ジェネラティブデザイン

 従来、製品設計は人間に依存したプロセスであると考えられていましたが、現在は、設計における制約を考慮しつつより高い性能を追求するためにAIを採用するケースが増えつつあります。AIによる設計手法は「ジェネラティブデザイン」と呼ばれており、AIが膨大なデータ(IoTデバイス、競合他社や市場に関する集計、製品に対する顧客認識など)から学習して設計プロセスの一部を補完することで、設計部門や製品開発部門はデータの潜在的な価値を引き出せるようになります。

 また、付加製造プロセスでも、付加製造(AM)技術と材料工学が進化したことで、ジェネラティブデザインが浸透しつつあります。AIが設計した3Dモデルと3Dプリンターを使用して、最適な機能部品や複雑な形状を簡単に製造できます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
製造業DXのススメ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

志田 穣(シダ ミノル)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング