SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Purposeを起点とした新しい経営

なぜJ-オイルミルズは企業理念体系を新たに策定したのか──ビジョン・ミッションを支えるパーパスの役割

第6回 ゲスト:J-オイルミルズ 未来創造センター/油脂事業部

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「おいしさデザイン」の議論で見えてきた会社のカラー

後藤:企業理念体系の検討過程で意見が割れたことはあったのでしょうか。

竹田:以前のミッションにあった「おいしさデザイン」という言葉を残すかどうかで意見が割れました。議論になったのは、「おいしさデザイン」が何を意味しているのかがしっかり定義されておらず曖昧だったためです。「おいしさ」は1つの価値ではありますが、食にまつわる価値は他にも「健康」「環境への低負荷」など様々なものがあります。そのため「おいしさデザイン」を使うと「おいしさ」に寄りすぎるのではないかという意見が出ました。しかし、「おいしさ」を生み出すためには、お客様の考える様々な価値を、顧客接点を通して理解した上で、マーケティング活動を通じ商品開発し、生産し、お客様に届けることが必要です。その全体があって、最終的に「おいしさ」という言葉で表現されるものをお客様に届けられる、それを体現することが「おいしさデザイン」であると定義し、新企業理念体系でも使うことにしました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Purposeを起点とした新しい経営連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

フェリックス清香(フェリックスサヤカ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング