セミナーレポート Biz/Zineセミナーレポート

PR

DATAFLUCT久米村氏が語る、非構造データを活用した新規事業の創り方

Biz/Zine Day 2021 Summer レポート vol.08

 「DXの本質は『ビジネス変革』であり、デジタル活用は手段。DXを成功させるためには、データから新たな価値を生み出し、音声・画像・テキストなど複数の非構造データを統合・活用する“マルチモーダルなAI・機械学習”が必須」。そう語るのは、Biz/Zine Day 2021 Summerに登壇した株式会社DATAFLUCT代表取締役の久米村隼人氏だ。データ活用のプロフェッショナルである同社が手掛けた、マルチモーダル機械学習と新規事業創出について、事例を紹介しつつ解説した。

[公開日]

[講演者] 久米村 隼人 [取材・構成] 伊藤 真美 [写] 和久田 知博 [編] 梶川 元貴(Biz/Zine編集部)

[タグ] AI・機械学習 新規事業開発 DX マルチモーダル DBX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

データの海から価値を生みだす「マルチモーダル機械学習」技術

 DXの成功のために欠かせない「データ活用」。DATAFLUCTは、衛星画像解析からスタートし、近年は事業理解やデータ定義といった事業戦略から、あらゆるデータの収集・分析、モデル設計やデータ基盤構築、実務システムの運用までをフルスタックで提供できる、データサイエンス企業だ。

 「埋もれたデータから新たな商いを創出し、あらゆるステークホルダーに価値を生み出しつづけること」をミッションに、データ活用の民主化をキーワードとして、サステナブルな社会作りを目標としてきた。3年間で20以上のデジタルプロダクトをローンチし、商社や通信など幅広い顧客企業に対し、新規事業やアプリ開発、オペレーション変革まで幅広く実装している。

 そうした企業に対して提供されている、DATAFLUCT独自の“同時多発的に新しいビジネスが創出できるフレームワーク”とはどのようなものか。同社代表取締役の久米村隼人氏は、「1つは『Data Business Transformation(DBX)』というビジネスモデルと『マルチモーダルデータ活用』の掛け合わせによるもの」と語る。

 マルチモーダルとは、画像や音声、テキストなど様々な種類の情報をAI/機械学習に取り込むことであり、近年急速に進化しつつあるテクノロジーの1つだ。その背景には、データが急速に増え続けながらも十分に活用できていない状況から、膨大なデータを活用して価値を生み出そうとシフトしていることがある。その手法としてデータサイエンスへの興味関心が高まるとともに、活躍領域が広がり、注目されるようになったというわけだ。久米村氏は「昔から統計や機械学習は存在したが、使える人は限られていた。これからはテクノロジーによって誰でも使えるようになり、様々なビジネスチャンスを生み出す」と語る。

背景 - ビッグデータ活用も身近に -画像クリックで拡大表示

 企業でのビッグデータ活用は多彩なテーマや領域に広がっているが、実際に利用できている企業は数%にとどまり、機械学習の成功率も4%程度だという。久米村氏はこれを「決して十分に活用されている状態ではない」と評する。

 そうした中で、企業は今後のデータ活用をどのように考えているのか。総務省が2020年に発表した「デジタルデータの経済的価値の計測と活用の現状に関する調査研究」によると、今後のデータ活用で取り組みたいものに、46.5%が「データの質の向上」と回答しているという。

 久米村氏は、「データの“量”ではなく“質”を向上させ、AIなど新たな分析技術を活用して分析することで、企業経営を向上させたい企業が増えている」と分析し、「そのキーワードとしてマルチモーダルに注目が集まっている」と語る。つまり、Hadoopなどビッグデータ基盤が整ったことで扱えるデータの量自体は増えたが、ビッグデータ化が進んだ次に、映像や音声など非構造化データを“使えるデータ”にすることが求められるようになった。そこにマルチモーダル化が有効というわけだ。

バックナンバー