SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

川崎重工とソニーがリモートロボットプラットフォーム事業を行う新会社を設立

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 川崎重工業(以下、川崎重工)とソニーグループ(以下、ソニー)は、リモートロボットプラットフォーム事業を行う新会社を2021年夏に合弁で設立することで合意した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 川崎重工のロボティクスや陸海空のモビリティの技術とソニーの画像処理やセンシング、通信技術を集結した新会社は、ロボットを遠隔地から操作できるリモートロボットプラットフォームを構築し、主にロボットのソフトウェアやソリューションサービスを提供する。また、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、社会環境や生活様式が変容している中で、場所や時間に制限されない新たな働き方を提案するという。

 両社は、少子高齢化による労働人口減少という社会課題に対して、これまで様々な理由で現場から離れていた人々に、自宅などから遠隔での作業を可能にすることで、リモートロボットプラットフォームは働く機会を創出することを目指す。加えて、このプラットフォームを通じて、働く意欲のある作業者と雇用したい事業者をつなぎ、新たなコミュニティを構築して雇用の活性化を促すことに貢献していくとしている。

 今後、製造加工業などの特定産業分野における実証実験を経て、2022年中にはサービスを開始する予定だという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング