Biz/Zineニュース

KDDI、渋谷区公認の仮想空間「バーチャル渋谷」を拡張し5月25日から「原宿」新エリアを提供

 KDDIは、渋谷未来デザイン、渋谷区観光協会とともに、「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」を通じ、2021年5月25日から仮想空間「バーチャル渋谷」を拡張して「原宿」新エリアの提供を開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] VR KDDI 仮想空間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「バーチャル渋谷」は、先端テクノロジーを活用して自宅からさまざまなイベントの開催や参加が可能な、渋谷区公認の配信プラットフォーム。「原宿」新エリアは、「CREATE NEW POP CULTURE」をテーマに、数多くの独自カルチャーを有する原宿の魅力を仮想空間に拡張し、企業やメディアをはじめ、訪れたユーザーが原宿の新たなカルチャーを創出できる場所として提供するという。

 「原宿」新エリアには、自宅からスマートフォンやPC、VRデバイスを使って参加することができる。エリア内では、リアルに再現された原宿の街を自分のアバターを操作して自由に動き回ることが可能だという。

 「原宿」新エリアの提供開始を記念し、2021年5月25日から2021年5月31日の間、最新のスニーカーやウェアを提供する「atmos」のバーチャル店舗の出店や、新たなスター発掘オーディションの実施など、ユーザーと共創可能なイベント「バーチャル原宿 au 5G POP DAY OUT 2021」を開催するとしている。