Biz/Zineニュース

オリコ、日本IBMとの共創でデジタル・トランスフォーメーションを推進

 オリエントコーポレーション(以下、オリコ)と日本アイ・ビー・エムは、オリコの持続的な成長に向けたデジタル・トランスフォーメーションの推進について共同で検討していくことを決定した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 企業戦略 SDGs DX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリコは、2020年3月期を初年度とする3ヵ年の中期経営方針の基本方針に「Innovation for Next Orico」を掲げ、デジタルイノベーションの実践やプロセスイノベーションの実践をはじめとした6つの基本戦略に基づくアプローチを行っている。市場環境や消費行動が変化する中で持続的な競争優位性を確保するためには、迅速かつ柔軟な金融サービス・商品の提供や、社内業務の高度化と効率化が重要となる。そのため、デジタル・トランスフォーメーションを早急かつ的確に進めることで、ブランドスローガンである「かなえる、のそばに。」の実現をさらに加速させていく。

 オリコは、デジタル・トランスフォーメーションを推進するにあたり、礎作りとしてIT組織の構造改革とシステム開発・運用の効率化に取り組み、IT関連の投資やコストを最適化していく予定だという。具体的な取り組みとして、オリコがシステムオリコに委託している業務を日本IBMへ移管することを共同で詳細検討する基本合意書を締結。

 日本IBMは、これまで多くの顧客のデジタル・トランスフォーメーションに共に取り組んできた実績に基づくスキルや知見を生かす。今回の発表により、中長期的な成長戦略の推進に向けて、オリコと日本IBMが共に協力しあい新たな価値を生み出す共創を行うとしている。

【オリコ-日本IBM】DXパートナーシップ・プログラムに関する概要

金融サービスリーディングカンパニーであるオリコと、グローバルデジタルカンパニーである日本IBMは、戦略的ITパートナーシップに基づき、オリコの更なるビジネス発展を目指したIT構造改革、及びIT組織改革と、持続的な成長戦略の推進に向けた共同検討を実施。

「一歩前へ踏み出そうとしている人を後押しする」という想いを込めたオリコのブランドスローガン「かなえる、のそばに。」 を、デジタル活用により、更に加速させ、お客様の期待を上回るサービスを提供し、お客様の人生を豊かにすることを目指す。