Biz/Zineニュース

博報堂プロダクツとセキュアが「リテールDX コンソーシアム・ラボ」を発足

 博報堂プロダクツと、顔認証入退室管理、監視カメラ、AI画像解析等のセキュリティソリューションを提供するセキュアは、リテール分野におけるDXの普及や、最新のテクノロジーを活用した実証実験・サービス開発を目的とした「リテールDX コンソーシアム・ラボ」を発足。第一弾のプロジェクトとして、小学館・ジュンク堂書店と無人店舗DIME LOUNGE STORE(ダイムラウンジストア)を、新宿住友ビルにオープンした。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI DX リテール 無人店舗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 博報堂プロダクツとセキュアは、2021年4月に「リテールDX コンソーシアム・ラボ」を発足した。このコンソーシアムにおいて博報堂プロダクツは、店舗コンサルティング、サイネージなどの各種コンテンツの作成・運用などの領域に取り組んでいくという。また、日本マイクロソフトなどの参加企業と共に、リテール分野におけるDXの推進も行っていくとしている。

 コンソーシアムの第一弾プロジェクトとして、小学館・丸善ジュンク堂書店と無人店舗「DIME LOUNGE STRE(ダイムラウンジストア)」を新宿住友ビルにオープン。店舗での新しいテクノロジーを用いた実証実験やサービス開発を行い、店舗運営時の課題等も考慮したサービス開発を推進していくという。

「リテールDX コンソーシアム・ラボ」活動内容

  • 最新テクノロジーやトレンドの情報交換活動
  • 国内外の小売事例に関する情報交換活動
  • 活動内容に関する情報発信及び広報活動
  • ワーキンググループ活動
  • 実証実験やハッカソン等の活動
  • リテール企業とテック企業のマッチング活動

 今後は「リテールDX コンソーシアム・ラボ」で行った実証実験や取り組みをもとに、OMOソリューションとRaaSモデル(体験型ストア)のサービス展開を推進していくとしている。

第一弾プロジェクト 小学館×丸善ジュンク堂書店「DIME LOUNGE STORE」について

 2021年4月15日から、小学館と丸善ジュンク堂書店と共同で、無人店舗「DIME LOUNGE STORE」をオープンする。

 店内にはDIME編集部とものづくりメーカーがコラボレーションして開発した商品が並び、これまで読者が実際に見ることができなかった商品を、手にとって確認することができるという。

 店舗では、顔認証での入退店や顔認証決済、顧客の店舗内行動分析、手に取った商品と連動したサイネージ表示、サイネージ広告、コミュニケーションAI等を活用した未来型購入体験ができ、顧客体験を高める仕掛けやOMOの取り組みを実施している。

 博報堂プロダクツは、サイネージのコンテンツ管理、コンテンツ作成、サイネージ広告を担当し、セキュアは、AIによる顔認証システム、店内行動分析、サイネージ連携を担当。日本マイクロソフトはSaaS、Paas、laasの提供を行っている。