Biz/Zineニュース

IBM、Celonis、Red Hat、業務オペレーションの変革支援へ戦略的パートナーシップを確立

 Celonis、IBM、Red Hatは、Celonis Execution Management System(EMS)の利用を加速させ、顧客がテクノロジーを導入する際の柔軟性を高めて選択肢を増やせるよう支援するため、グローバルな戦略的パートナーシップを発表した。このコラボレーションの目的は、業務の実行を推進するコア・エンタープライズ・システムの機能とプロセスに、顧客がプロセスマイニング、インテリジェンス、およびオートメーションを適用する方法を加速させることだという。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IBM DX 業務オペレーション Red Hat Celonis

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この戦略的パートナーシップでは、業務のデジタル・トランスフォーメーションを進めるビジネス・リーダーが直面する多くの課題を解決するための支援を目指す。Celonis EMSは、Enterprise Resource Planning(ERP)やCustomer Relationship Management(CRM)などのコア・エンタープライズ・システム上で動作し、これらのシステムからリアルタイム・データを抽出し、プロセス・インテリジェンスを適用して、企業全体の業務オペレーションの能力を把握してその能力を発揮させるために役立つとしている。

 IBMグローバル・ビジネス・サービス事業本部(GBS)は、IBMのデータおよびAIソリューションを利用しながら、方法論の一部としてCelonisのソフトウェアを実装することで、コンサルティング手法を強化している。また、顧客によるCelonis EMSを使用した新たなソリューションの構築も支援している。あらゆる業界や分野の企業は、トランスフォーメーションを加速し、インテリジェント・ワークフローで業務を再定義することによりプラスの効果を実現することができる。さらに、Celonisは、Red Hat OpenShiftでプラットフォームを再構築し、顧客がテクノロジーを導入する際の柔軟性を高めて選択肢を増やす、オープン・ハイブリッドクラウド戦略を採用している。

デジタル・トランスフォーメーションによる価値の活用

 GBSは、充実したコンサルティング経験でCelonisのオペレーション管理およびプロセスマイニング機能を補完し、即応性、正確性、予測性を強化したインテリジェント・ワークフローの構築を支援する。また、サービス方法論にCelonisのソフトウェアを組み込み、IT業界と、コンサルティングやビジネス・プロセスの外部委託からカスタマー・ケアなどのエンタープライズ・アプリケーション、さらには財務、サプライ・チェーンにまで及ぶ各分野の実践領域全体で、10,000人の実践者を通してCelonisの機能を幅広く導入しているという。

 CelonisとIBM GBSの戦略的パートナーシップでは、当初、以下の点に重点的に取り組む予定だとしている。

  • エンドツーエンドの高度なコンサルティング専門知識
  • IBM Garageへの組み込み
  • ビジネス・プロセス・アウトソーシング
  • 業界別のインテリジェント・ワークフロー

柔軟なハイブリッドクラウド・プラットフォームでデプロイ

 またCelonisは、Red Hat OpenShiftを利用したオープン・ハイブリッドクラウド戦略を採用し、顧客が選択するパブリッククラウド環境またはプライベートクラウド環境にCelonisのソフトウェアを展開する場合の柔軟性を高めている。この柔軟性は、規制の厳しい業界で特に有益であり、顧客の既存のシステム間でCelonisの相互運用性を向上させる。この結果、新たな価値を得るために重要なデータを移動し、分析する方法の俊敏性が著しく高まるという。

 さらに、Red Hat OpenShiftのテクノロジーとエクスペリエンスによって、俊敏性、スピード、セキュリティー、スケーラビリティーを実現。Celonisは、そのソフトウェア・ポートフォリオ全体でRed Hat OpenShiftの採用を進めているとしている。