Biz/Zineニュース

DFAの配送ロボット「YAPE」がストックホルムで公道での自動配送テストを開始

 DroneFutureAviation(以下、DFA)が独占取扱権を有する自律配送ロボット「YAPE」が、スウェーデンのFoodoraとストックホルムで公道でのロボットによる自動配送テストを開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ロボット ラストワンマイル 自動配送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自律移動型(自動運転)配送ロボットのYAPEは、5Gで接続された配送ロボットを試験的に導入するために、オンラインフード注文配達事業者「Foodora」、通信事業者「Tele2」と提携した。YAPEのラストワンマイル向けの自動配送ロボットの技術を活用し、物流配達の課題解決や新型コロナ感染症対策を可能にしている。スウェーデン首都市内周辺の公道ではロボット配達のテストがすでに行われており、YAPEは、食品や料理だけでなく、20kgまでの様々な注文商品を運ぶことができるという。

 自律配送ロボットのYAPEは、5Gネットワークに接続することが可能で、よりナビゲーションに必要な正確なロボット運用の確保が可能となる。5Gパートナーと組んだことによって、必要な低遅延とリアルタイム通信が確保され、最適な配送ルート選択やリアルタイムにロボットの周囲の状況を認識しコミュニケーションを取れるIoT接続ができるようになっているという。YAPEにはカメラ複数台が搭載されており、5Gを介してシステムにリアルタイムにデータ通信することができ、顧客に対し自動配達サービスをシームレスに提供することが可能となっている。

 FoodoraとYAPEロボットの公道でのテストで、ロボットが歩行者や他車両にリスクをもたらせないこと、ロボットの自動配送システムと接続が信頼できることの証明をスウェーデン運輸局に対してして行っていくとしている。