Biz/Zineニュース

グロース・キャピタル、上場ベンチャーの成長戦略のカギとなる6領域の支援を強化

 グロース・キャピタルは、上場後のベンチャー企業のさらなる事業成長に不可欠な6つの領域において、経営者としてだけではなく各領域の専門的知見を有する5名のグロースパートナーと、調達した資金を用いた成長戦略の実行・支援体制をさらに強化し、企業の非連続的な成長の実現を加速させることを発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グロース・キャピタルは、成長投資資金を調達する「攻めのファイナンス」と、調達後の「成長戦略の実行」を支援している。「成長戦略の実行」フェーズにおいては「M&A」「マーケティング」「新規事業」「スタートアップ投資」「IR戦略」「ターンアラウンド」の6つを重点領域として設定し、支援体制を強化している。

 今回、グロース・キャピタルが成長戦略の実行において重点領域とする各領域のエキスパートをグロースパートナーに迎え、さらに多角的な視点をもって事業成長の実現を促進させることを目指す。上場ベンチャーが新たな産業を生み出し、また日本だけでなくグローバルのトップ企業へと飛躍することを、グロースパートナーと共に支援していく。

グロースパートナー一覧(五十音順)

  • 麻生要一氏(アルファドライブ 代表取締役社長 兼 CEO/連続起業家)【主な支援領域】新規事業
  • 足立光氏(ファミリーマート CMO/元日本マクドナルド CMO)【主な支援領域】ターンアラウンド、マーケティング
  • 家入一真氏(CAMPFIRE 代表取締役/実業家)【主な支援領域】スタートアップ投資
  • 市川祐子氏(マーケットリバー 代表取締役)【主な支援領域】IR
  • 牧知秀氏(MIHアドバイザリー 代表取締役 )【主な支援領域】IR