Biz/Zineニュース

AWSとBlackBerry、新たなインテリジェント車載データプラットフォームを発表

 Amazon.com, Inc.の関連会社であるAmazon Web Services, Inc.(以下、AWS)と、BlackBerry Limited(以下、BlackBerry)は、BlackBerryのインテリジェント車載データプラットフォーム「BlackBerry IVY」の開発・販売を目的とした、複数年のグローバル契約を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] プラットフォーム

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回発表したBlackBerry IVYは、クラウド接続型の高拡張性ソフトウェア・プラットフォームであり、自動車メーカーは、一貫性とセキュリティを維持した形で、車載センサーのデータを読み取り、データを正規化し、車内のローカルデータとクラウドデータの両方から、実用的な見識を導き出すことが可能となる。こうした情報を活用し、臨機応変な車載サービスを創造することで、ドライバーと同乗者には魅力的なエクスペリエンスを提供できるとしている。

 最先端の自動車やトラックには、多数のサプライヤーから供給された数千個もの部品が使用されており、それぞれの自動車モデルは、独自仕様のハードウェア/ソフトウェア・コンポーネントを特有に組み合わせて作られる。こうしたコンポーネントに含まれる車載センサーは多様化が進んでおり、独自の専門的な形式でデータを生成している。そのデータの取り扱いには高度な専門的スキルが必要であるうえ、車載サブシステムからそれらのデータにアクセスすることも難しく、開発者にとっては、革新的な最新ソリューションをいち早く開発し、市場に投入するのが困難だった。BlackBerry IVYは、車載データに機械学習を導入し、予測的な見通しと推論を導き出すことで、こうした課題を解決する。

 lackBerry IVYを活用することで、複数の自動車ブランド/モデルを対象に、最新の車載アプリケーションやネットワークサービスの開発、導入、収益化に要する期間を短縮することができるという。自動車のモデル単位で異なる独自技術を採用した、単発ソリューションへの投資を強いられることなく、複数の自動車モデルに対応した、新サービスの共通のビルディングブロックとして、今後は多種多様なデータの活用が可能になる。プラットフォームのAPIを使用することで、ソフトウェア開発チームとの間でデータや出力の共有が可能となり、車載/アプリデータへのアクセス権や情報レベルをコントロールすることで、イノベーションを実現しつつ、ユーザーのプライバシーやセキュリティも保護することができるとしている。