Biz/Zineニュース

電通、顧客起点の統合型マーケティングサービス提供に向けてM-Forceと業務提携

 電通は、企業側でも消費者側でも急速に進行しているデジタルシフトに対応した顧客起点の統合型マーケティングサービスを提供するため、9segsを活用し顧客戦略を導き「経営とマーケティング」を繋いだ本質的なマーケティング活動・組織への変革を支援するM-Forceと業務提携契約を締結した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] マーケティング

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の業務提携により、両社のナレッジ・人材・データを掛け合わせ、マーケティング施策を俯瞰した統合戦略を構築し、顧客の変化にきめ細かく対応する顧客起点データドリブン・マーケティングを提供していく。

 M-Forceが展開する9segsは、対象ブランドおよび競合ブランドに関する顧客の行動と意識を基に顧客全体を9つの主要なセグメントに分類し、マーケティング効果を最大化する顧客戦略を導き出すM-Force独自のフレームワーク。これを電通の人基点のデュアルファネルソリューションである「People Driven Marketing」にインストールし、運用チームにも浸透させることで、顧客構造の理解にさらなる解像度を与え、狙うべき顧客インサイトの特定を可能にする。また、People Driven DMPデータを使いながら、9segsフレームワークによる顧客戦略を導出し、それにより、顧客戦略から導き出した確度の高いマーケティング施策を具現化することができる。

 両社は、0次分析~戦略立案~コンセプト検証~クリエーティブ開発~メディアプランニング~アクティベーションまでをワンストップで提供するとしている。