Biz/Zineニュース

Relic、新規事業の成功に不可欠なLTV最大化を実現する「Booster」の一般提供を開始

 Relicは、事業の成功に不可欠な初期顧客獲得からロイヤルカスタマー化の支援やファンベースマーケティングによるLTV最大化を実現する次世代型マーケティングオートメーション・CRMサービス「Booster」の一般提供を開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 LTV 新規事業

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Booster」は、機械学習により、リアルタイムにアクセスログや行動履歴・購買データなどのビッグデータを解析することで、ユーザーの一人ひとりに最適化された顧客体験及び「おもてなし」を提供する仕組みを実装する次世代型マーケティングオートメーション・CRMサービス。初期顧客や新規顧客のロイヤルカスタマー化・ファン化や既存顧客のLTV最大化を支援することで、事業の成功確率を高め、成長・拡大を大幅に加速させるという。このサービスは、ファッションEC「ZOZOTOWN」のマーケティング責任者を務めた、現mtc.代表の岡崎徹氏をアドバイザーとして招聘し、その経験・知見や技術とRelicの持つアセットを活かした共同開発によって生まれましたという。

「Booster」の特長

  • 国内最高峰かつ最先端のマーケティング・CRMノウハウの提供
  • 経験豊富なプロフェッショナルによる導入運用サポート
  • 顧客情報の一元化
  • One to Oneマーケティングの自動化
  • データ統合/機械学習を前提としたオムニチャネル化