SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

「起業家社会」の経営学

ドラッカースクール山脇教授が語る、「デザイン思考」「マネジメント理論」「競争戦略」の統合とは?

ゲスト:ピーター・F・ドラッカー経営大学院 教授 山脇秀樹氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ビジョンも目的も、変化するものと考えて検証する

藤田:目的とビジョン、未来を洞察した上での新しい世界観、それらを達成するための戦略が企業内で一貫していることの重要性が示されました。「目的」は「ビジョン」とよく混同されますが、ここでは「Ultimate Purpose」や「北極星」と表現できるものを指しているんですよね。

山脇:どちらかといえば、ピーター・ドラッカーの『マネジメント』でも語られている「What is Our Business?」に近いものだとも言えます。この問いへの答えは「ビジネスは10年もてばいいほうだ」とドラッカーは言っています。1970年代前半にそう書いているので、今の事業環境では3年か4年もてばいいんじゃないでしょうか。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「起業家社会」の経営学連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

藤田 勝利(フジタ カツトシ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング