Biz/Zineニュース

M-Forceとモニター デロイト、経営・ブランド・マーケティング戦略分野で協業を開始

 デロイト トーマツ グループの戦略コンサルティング部門でグローバル戦略及びCSV/Sustainability Strategyに強みを有するモニター デロイトは、顧客戦略を起点として、「経営とマーケティング」をつないだ本質的なマーケティングを支援するM-Forceと経営・ブランド・マーケティング戦略分野で協業を開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] マーケティング ブランディング 経営

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モニター デロイトは、M-Forceが有する「9segs」をデジタル、サステナビリティを軸にした本質的変化、そしてCOVID-19による顧客の変化を捉えた「顧客起点」のブランド・マーケティング戦略の策定から実行を支援する。また、日本企業がより強力にグローバル化を進める上での意思決定を支援する戦略フレームワークとして活用し、経済価値と社会価値の両立を可能にする経営への変革を支援していく。

 具体的には、モニター デロイトは顧客企業に対して、経済価値と社会価値の両立を可能にする経営戦略を定義。さらにその戦略を持続性を持って具現化できる「再現性のある組織への改革」を実現するにあたり、「どのような顧客に(WHO)、どのような独自価値(WHAT)を提供するか」という顧客戦略ならびにグローバル組織における意思決定プロセスを、「9segs」を用いて明確化する。これに基づき、短期的な売上向上のみならず、顧客のロイヤリティを強化し、長きに渡り多くの顧客に意図的に選ばれる企業価値の継続的な強化のための意思決定に向けた検討および実行を支援するという。