Biz/Zineニュース

IBMとServiceNow、戦略的パートナーシップを拡大 企業のAI活用によるIT自動化で提携

 IBM とServiceNowは、IT運用の自動化のためにAI機能を活用することで、企業の運用に関するリスク軽減やコスト削減を支援するための戦略的パートナーシップの拡大を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 企業戦略 DX

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年後半に利用可能になる新しい共同ソリューションは、IBMが提供するAIで強化されたハイブリッドクラウド・ソフトウェアおよびプロフェッショナルサービスと、ServiceNowのインテリジェントなワークフローと市場をリードするITサービスおよび運用管理製品の連携を実現することになった。

 両社のソリューション連携が実現することで、顧客は、自社のデータからAI駆動型のより深いインサイトの獲得や、通常のIT環境基準の設定が可能になる。また、何か問題が起きる前に、ITシステムにおけるインシデントの影響拡大防止やインシデント解決のために、異常な動作に対して簡潔な推奨アクションを実行することができるようになるとしている。そのことにより、担当者はシステムのメンテナンス作業に費やす時間やITリソースを、企業のデジタル化に必要な変革プロジェクトの推進といった重要度の高いタスクへ振り分けることができるのだという。

IBMとServiceNowが本提携でフォーカスする領域

 共同ソリューションとして、IBMとServiceNowは、IBM Watson AIOpsとServiceNowのインテリジェントなワークフローソリューション、市場をリードするITSMおよびITOM Visibilityソリューションを組み合わせ、企業のITに関わる問題を防ぎ、修正できるようにする初の共同ITソリューションを提供する。

 具体的なソリューション機能は、ServiceNow ITSMを利用することで、IT部門は単一のクラウドプラットフォーム上でスケーラブルなサービスを提供できるようになり、生産性が約20%向上すると想定。ServiceNow ITOM Visibilityは、ネイティブの構成管理データベースから、すべてのリソースおよびすべてのビジネスサービスの運用状態をほぼリアルタイムで自動的に可視化。IBM Watson AIOpsは、企業で発生したIT関連の異常をリアルタイムで検知、診断、対応、修復する方法を自動化するためAIを活用している。このソリューションは、企業のCIOが将来の結果を予測する際、充分な情報に基づいた意思決定を行い、価値の高い作業にリソースを集中させ、応答性が高く、長時間稼働し続けることができるインテリジェントなアプリケーションを構築できるように設計されている。

 IBMは、グローバルで展開しているServiceNowビジネスを拡大し、Now Platform上でコンサルタント、実装、および管理サービスを提供。高度な技術を持つIBMの担当者が、専門知識を活用し、価値あるインサイトとイノベーションを顧客に迅速に提供。またIBM Servicesの専門家は、顧客にインテリジェントなワークフローを説明し、リカバリーの改善とITリスクの低減を支援する。ServiceNowは、顧客の成功のため、IBM社員と専任スタッフのトレーニングと資格認定に共同投資している。