Biz/Zineニュース

アクセンチュア最新調査、主要な消費者向けブランドの約3分の2が没入型体験への投資を開始

 米国アクセンチュアの最新調査によると、現在、デジタルコマースにおいて、拡張現実や仮想現実などの没入型技術(XR)や三次元(3D)コンテンツが消費者からの信頼を高め、オンラインショッピングの売り上げを押し上げる重要な要素のひとつであることが明らかになった。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 XR 没入型技術

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アクセンチュア インタラクティブは、日本を含む、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域の3,000人以上の消費者を対象に行った調査レポート「Try it. Trust it. Buy it.」を発表。この調査では、47%の消費者が、没入型技術によって製品とのつながりをより感じ取ることができると回答するなど、新型コロナウィルス感染拡大によって消費者の行動が大きく変化する中、オンラインショッピングでの没入型技術への期待が高まっていることが分かった。

 主要な消費者向けブランドの64%が拡張現実、仮想現実、3Dコンテンツや360度動画への投資を始めている。企業が没入型技術に注力する今、企業は一度限りの体験に投資するのではなく、ビジネス全体で拡張性や一貫性のある体験を提供し、効率化を図るために技術を活用することが求められている。調査によると、没入型体験によってオンラインショッピングに対する消費者の信頼感は4%向上することが明らかになった。

 調査によると、消費者は今までとは違ったオンラインショッピング体験を求めており、約半分(47%)は没入型技術を使って、カスタマイズなど自分好みのサービスを受けられるのであれば、追加料金を支払うと回答。また、自動車や高級品などの高額商品をオンラインで購入することにも前向きであることが分かった。

 さらに消費者は、将来のオンラインショッピング体験においては、没入型技術が必須だと考えている。例えば、61%の消費者(日本は42%)は、没入型技術を活用するブランドから購入したいと答えている。

その他の結果:

  • 消費者の48%は、没入型技術を活用しているブランドを、そうではないブランドに比べてより鮮明に記憶しています(日本は40%)。
  • 消費者の47%は、自分が必要としているレコメンドが受けられるのであれば、没入型技術を使った製品の方を選ぶと回答しています(日本は34%)。