SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

デザイン・アート・ビジネスのトライアド

ビジネスに不可欠な観察力は、脳をつなげるプロセスで鍛える──言語で思考する「観念化」の弊害とは?

ゲスト:事業構想大学院大学 教授 丸尾 聰(まるお あきら)氏【後編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

言語で思考することによる「観念化」の弊害

丸尾聰事業構想大学院大学教授 丸尾 聰(まるお あきら)氏

増村:スケッチを通じて観察の技術を磨いているということですよね。ぼくもビジネスパーソン向けの講座でデッサンをさせるのですが、その際は「観念化しないでくださいね」と言うようにしていて。例えば人間の「鼻」を描く際も、「鼻と言えばこう」という観念を誰しも持っていますが、実際の「鼻」というのはそんなにカチッとついていない。周辺の皮膚から連綿とつながっているわけです。このように、言語で考えると観念化してしまう。そして、観念化すると思考が縛られる。つまり認知バイアスに支配されてしまうんですね。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
デザイン・アート・ビジネスのトライアド連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング