Biz/Zineニュース

大日本住友製薬とKDDI、XRによるMRと医療関係者のコミュニケーション基盤構築に向けた取り組み開始

 大日本住友製薬とKDDIは、MR(医薬情報担当者)と医療関係者のコミュニケーションのさらなる円滑化を目的に、XR(Extended Reality:仮想空間技術の総称)を活用した新たなコミュニケーション基盤構築に向けた取り組みを9月18日から開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] XR

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 製薬業界では、MRと医療関係者のコミュニケーションにおいて、医薬品情報を正確に分かりやすく伝えるため、従来の文書や映像による説明に加えて、多彩な表現により直感的に伝わるコミュニケーションツールを活用したいというニーズがあった。このような背景から大日本住友製薬は、従来の情報提供に加えて、デジタル技術を介した新たなコミュニケーションチャネルを追加している。

 今回両社は、MRと医療関係者のコミュニケーションのさらなる円滑化および新型コロナウイルス感染症の影響による医療機関への訪問規制などへの対策を目的に、XRを活用した新たなコミュニケーション基盤構築の取り組みを開始した。

 両社による取り組みの先行事例として、大日本住友製薬は、2020年6月に発売した非定型抗精神病薬「ラツーダ」関連の一部の講演会において、当該製品の日本で発売されるまでのストーリー映像や分子構造体等の3D映像を、「NrealLight」を用いて参加者に紹介している。

 今後両社は、以下の2つの取り組みを開始し、大日本住友製薬は2020年度中に医療関係者への情報提供活動において試験的に実施する予定だという。

  1. スマートグラスで活用可能な、医薬品などの解説コンテンツの制作
  2. オンライン説明会・講演会などのバーチャルコミュニケーションスペースの構築