Biz/Zineニュース

日本テラデータ、アプトポッドと自動車開発分野のDXソリューションで協業

 日本テラデータは、 産業IoTにおけるファストデータ(高速時系列データ)のスペシャリストであるアプトポッドと自動車開発分野のデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させるソリューションで協業することを発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] データ・アナリティクス IoT AI・機械学習 企業戦略

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アプトポッドの次世代IoT分野においてデバイス・サーバー間での高速なデータストリーム処理が可能な産業IoTミドルウェア「intdash(イントダッシュ)」とテラデータが提供する次世代データ分析基盤ソフトウェア「Teradata Vantage」(以下Vantage)を組み合わせ、自動車の各種センサーから生成される短周期かつ膨大な制御・センサーデータを収集し、顧客データやメンテナンス履歴データなど企業が持つ様々なデータと組み合わせて高度な分析を行う包括的なデジタルソリューションを共同開発し、提供する。

 世界規模で競争がますます厳しくなる自動車業界において、本ソリューションは自動車開発におけるVプロセス(下図)を、大幅に進化させることによりグローバル市場での競争力を高めることを可能にする。具体的には、クラウドベースの環境を使用し、自動車開発のモデルベース開発(モデル/仕様をベースにしたシミュレーションと試作車による検証で構成される開発工程)における、データの収集、管理、分析といった開発工程の圧倒的な効率化を実現するというもの。

タイトル

データ収集から分析までのワークフローの効率化

 intdashが提供する強力なデータ収集機能とVantage上で実行する大規模で複雑なアナリティクスの運用に、この分野での日本テラデータ独自の専門知識を組み合わせることで、データの収集から分析までの一連のワークフローに“遠隔化・自動化”などの進化をもたらし、従来のプロセスに比べ“時間”、“コスト”、“リソース”などのあらゆる軸でDXをさらに推進し、競争力強化を実現することを目的としているという。

タイトル

分析の高度化

 また、intdashによる車両データ収集機能とVantageによる4次元分析機能を組み合わせることで、経過時間や移動距離による車両の状態変化や気象条件による影響などを容易に可視化できる。さらに、Vantageが提供する機械学習、グラフ分析などを活用し、より高度な分析が可能になる。具体的には下記のような開発業務への適用が考えられるとしている。

  • 実車走行試験において特定地点での車体挙動を自動で可視化することによる操安性評価
  • 実走行データからのRDEコース作成によるRDE試験のフロントローディング