SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

X-Techスタートアップの最先端

世界的に急成長する「ビジネス・スペンド・マネジメント」領域で注目される日本のスタートアップ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

コスト削減に向けたサービスは誰が興味を持ち、誰が使うのか

James Riney(以下、ジェームズ):「コスト削減」といっても、その内容によって、また企業によって担当する部署が異なります。Leaner Technologies(以下、Leaner)とKOSKAでは、それぞれ導入前は企業のどのポジションの人が興味を持っていて、導入した後に関わるポジションはどこになるのでしょうか。

大平裕介氏(株式会社Leaner Technologies CEO兼Co-Founder、以下敬称略):「間接費」は、100名から5,000名規模の会社だと全体を統括している部署がないケースがほとんどです。コピー機は総務部、携帯電話は情報システム部、タクシー費は予算を決めて営業が管理しており、最終的に予実管理でまとめているという企業が多いのではないでしょうか。そのため、Leanerは、役員や部長といった職位の方や、経営企画のような全体を取りまとめないといけない部署の方が多いですね。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
X-Techスタートアップの最先端連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング