Biz/Zineニュース

エム・ソフト、ARで空間を3次元データとして記録する「Pinspect」の新バージョンをリリース

 エム・ソフトは、建物・施設・設備・インフラなどの検査・点検箇所をARで記録し、可視化するアプリ「Pinspect(ピンスペクト)」の新バージョンをリリースした。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] テクノロジー AR

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Pinspectは、検査・点検箇所をAR(拡張現実)で記録、可視化するアプリ。対象箇所の3次元座標を取得し、デジタル付箋(ピン)として空間上に可視化。写真やメモを座標と紐付けて保存することで、現場情報を図面やEXCEL形式のレポートとして出力することができる。記録した3次元座標を、クラウド経由で外部のBIM/CIM、点群データ等に反映することも可能となる。

 今回リリースした新バージョンでは、平面図では分かりにくかった指摘箇所(ピン)の高さ情報がひと目で分かる3D表示機能など複数の機能が新たに追加されている。また、新発売されたLiDAR搭載の新型iPad Proにも標準で対応し、従来機種よりも高い認識精度で、ピンの配置、3次元情報記録が可能になった。