Biz/Zineニュース

カインズ、「CAINZアプリ」に商品の売り場表示機能と在庫数表示機能を追加

 カインズは、CAINZアプリに、商品の売り場表示機能と在庫数表示機能を追加、一新したカインズアプリを2020年2月20日にリリースした。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 流通 企業戦略 RetailTech

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Find in CAINZ」は、来店客と店舗メンバーのわずらわしさを解消するための売り場・在庫検索アプリで、商品名やキーワード、JANコードを入力すると、その商品のある売り場や在庫数などが画面に表示される機能がある。2019年10月より「Find in CAINZ」を搭載した携帯端末「SITE Phone」のカインズ店舗への導入を開始。2020年2月から全店舗のメンバーが「Find in CAINZ」を使用することでお客様からの商品に関するご質問にすぐ対応できるようになったとしている。

 この度、従来からの機能である「チラシ表示」や「店舗検索」に加え、CAINZアプリに「Find in CAINZ」と同様の機能を搭載し、来店客自身で商品の場所や在庫数を確認できるようにリニューアルしたという。

主なリニューアルポイント

●商品の売り場表示機能

  1. ほしい商品の商品名やキーワード、JANコードを入力
  2. 表示された検索結果一覧の中から商品を選択
  3. 商品詳細画面にある「売り場を探す」ボタンをタップすると、その商品のある場所が表示される

●商品の在庫数表示機能

  1. ほしい商品の商品名やキーワードを入力 例)フライパン
  2. 表示された検索結果一覧の中から商品を選択
  3. 商品詳細画面の「マイストアの在庫数」にお客様が設定したマイストアの在庫数が表示される

●チラシ検索機能

 従来、チラシの「表面」「裏面」の画像表示のみであったが、さらに、商品のサイズやカラーなども表示できるようになったという。また、表示されているお求めの商品の詳細や在庫数、売り場も確認できるようになったとしている。

Find in CAINZ