Biz/Zineニュース

クックパッド、東京メトロ駅構内に生鮮食品EC「クックパッドマート」の導入を開始

 クックパッドは、東京地下鉄、メトロコマースと共同で、生鮮食品EC「クックパッドマート」の商品受け取り場所である生鮮宅配ボックス「マートステーション」を、東京メトロ駅構内に設置することを発表した。駅構内への導入は初。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] RetailTech オンライングローサリー BOPIS

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年2月27日(木)より半蔵門線大手町駅へ配送開始、2月21日(金)より注文受付を開始するとしている。その後も設置箇所は順次拡大していく予定で、新たな設置箇所についてはクックパッドマートアプリ内で順次告知するという。

 生鮮食品EC「クックパッドマート」では、様々な生産者が販売する新鮮な食材をアプリから送料無料で購入できる。購入した商品は、地域の店舗や施設に設置された生鮮宅配ボックス「マートステーション」へ配送され、ユーザーが好きな時間に立ち寄って受け取ることが可能。

 地下鉄駅構内にマートステーションを設置することで、通勤・通学をはじめとする外出先からの帰宅時に食材を受け取ることが可能になる。今後も地下鉄駅構内での設置を推進することで、通勤先や自宅の最寄り駅での受け取りを実現し、駅利用者の買い物における利便性向上を図るとしている。クックパッドマートでは、今後も各地域の店舗や施設と併せて、鉄道駅やマンションなども含むあらゆる生活導線上へマートステーションの設置を進めて行く予定だという。

マートステーション

東京メトロ半蔵門線大手町駅「マートステーション」設置箇所

  • 設置場所:半蔵門線大手町駅 皇居方面改札外
  • 配送開始日:2020年2月27日(木)
  • 注文開始日:2020年2月21日(金)

※受け取り可能時間は、始発~23時。当日8時までの注文で当日17時~受け取り可能