SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

藤幡正樹氏に聞く、21世紀の教養とは

未来を展望するアーティストの力──メディアアーティスト藤幡正樹さんが欧州で学んだこと

ゲスト:メディアアーティスト 藤幡 正樹氏【前編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

すでにあるものを“習う”日本の教育、文化を“更新する”近代ヨーロッパの考え方

 その後の藤幡氏は、ヨーロッパでの対話や体験を通して、ヨーロッパの近代化の過程で確立した「誰も見たことのない新しい世界観を提示する」というアーティストの役割を知ることとなった(詳細は前回のインタビュー参照)。

古くからある文化を守るという意識は、日本にもヨーロッパにもあります。パリのルーブル美術館に古い彫刻や絵画がたくさんあるのは、そういうことですよね。ただ、文化は更新していくものだというのが、近代以降のヨーロッパの考え方です。

日本の場合、江戸時代に主だった概念のほとんどが出揃って、それが更新されないまま今に至っているというのが、僕の認識です。だから芸の基本は習い事。『習えばできるようになる』というものなんですね。

それは芸大であっても同じで、古いタイプの先生と話をしていると、美というものはすでにあって揺るがないものであり、学生はこれまで保たれてきた美を学び、それを再現できるようになるべきだという考えなんです。私たちが新しく発見したり創り出したりするものだとは思っていないんですね。実際、明治から終戦直後までは、お手本をそっくりそのまま模写するということをずっとやっていたらしいです。さすがに昭和20年代の後半には『それではまずい』という議論になって、カリキュラムが随分変わったと聞きますが。芸術に限らず、柔道でも書道でも基本はそうでしょう? 先生が朱筆で『ここをちょっと丸くして』みたいな指導をするけれど、どうして丸くしなければいけないかを教えることはしません

タイトル

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
藤幡正樹氏に聞く、21世紀の教養とは連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング