SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

「顧客のジョブ」から考えるイノベーション

「顧客ニーズの収集方法」と「ニーズステートメント」──継続的なイノベーション活動とは?

「顧客のジョブ」から考えるイノベーション:第5回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ニーズの実現を阻む要因(障害や制約)を見つけ、そのインパクトを計測することが鍵

 ジョブが履行される背景において、特定のニーズの実現を阻む/または影響を与える要因(障害や制約)を見つけることができれば、プロダクト/サービスのアイディア創造に対する多くの洞察を得ることができます。ニーズと課題を同義語として取り扱う場合もありますが、厳密には異なる概念です。なぜならば、ニーズには「充足されているニーズ」と「充足していないニーズ」があるからです。充足されていない顧客ニーズの実現の阻む要因こそが真の課題であり、これらを軽減/排除してあげることが真のソリューション(課題解決)なのです。

 一般的に、ニーズの実現を阻む要因は大きく3つに分類することができます(図3)。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「顧客のジョブ」から考えるイノベーション連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

白井 和康(シライ カズヤス)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング