SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Design×Management=Innovation

「ハブ人材」と「内なるレジリエンス」を保つ距離感

【対談】入山 章栄 氏 × 佐宗 邦威 氏:第3回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

境界が曖昧となる組織で重要な「マインドフルネス」

佐宗:
 個人と組織の境界線があいまいになる中で、個人と組織でさまざまな変化が起きていると感じます。というのは、「個人」の側では、組織から出てみたものの不安に感じている人も多いようです。組織を出て個人としての活動を持続するためには、「幸福感」とか、「自己効力感」がテーマとして重要性が増しているように感じます。そのために、「マインドフルネス」のような元々禅やチベット仏教にあったようなソリューションが、東洋と西洋がぶつかり合うアメリカ西海岸で体系化されています。

 また一方「組織」の側では、これだけ企業と外部という境界線が薄れつつあるなかで、自社がなぜ必要なのかという「存在意義を明確にすること」で芯を固めつつ、外界の変化に柔軟に対応しやすい環境を作るという「内なるレジリエンスを高めること」をどう両立するかという課題を抱えると思います。「組織」という形式を保ちながらも、オープンな社会環境にも対応しなければならないといった矛盾、ジレンマがあって。企業内VCや、オープンイノベーションやレジリエンスが注目さているのは、そういう背景から生まれていると言えるかもしれません。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Design×Management=Innovation連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング